ペットプラス ローン会社借り入れできない?トイプードルをどうしても買いたい

ペットプラス ローン会社借り入れできない?トイプードルをどうしても買いたい

 

ペットプラス ローン会社借り入れできない?トイプードルをどうしても買いたい

 

ペットローンといっても、ペット専用の専門会社が・・という訳ではありません。

 

基本的に一般のローン会社が対応してます。

 

どんな大きな買い物の時にローン会社を通すとなると「与信」と呼ばれる審査が行われますが、それはペットの場合でも例外なく行われます。

 

生体ローンだから特別という内容ではありません。

 

審査内容は、記入した個人情報を基に、ローン会社が信用情報機関等に照会し、過去の支払い記録等の滞り等を確認するという支払えるか否かを判断するものになります。

 

基本的にはその場で審査結果は判明します。

 

→ ペットローンでお金借りるなら

 

様々な理由でローン審査が通らないという場合は、一般的に考えれば購入を諦めるという事になります。

 

ただし、ペットローンとなると状況は少々異なる可能性があります。

 

勿論、融資担当者、お店の判断などによりますが・・。

 

生体という特異なジャンルで、特に子犬と成犬では取引金額も大きく異なります。

 

ペット販売店側は営利目的という点から、子犬の内に高い金額での取引の方が良い訳です。

 

売れなくてもどんどん大きくなるということは価値も下がり、経費等の問題も発生してきます・・最悪の場合は・・という事もあります。

 

何としても、売れてもらいたいと販売店側が思う事は当然な考えですよね。

 

ローン会社を通したローンしか扱いがないのか?

 

という事を販売店へ相談することで道筋ができる可能性が十分あり得ます。

 

販売店も会社組織であることは間違いありません。

 

お店の責任者等は一定の権限を与えられている場合もあり、その部分は当然ながら購入者からは見えません。

 

販売担当者単位の権限はない事が多くありますが、店舗責任者となると権限を持っている可能性があります。

 

お客からの相談という事で本社へ掛け合う等の対応をしてもらえる可能性もあります。

 

ただ、それは相談してみないとわからない部分でもありますので、注意が必要です。

 

自社ローンというローン会社を使わず、販売店自体が扱っているローンが存在します。

 

ただ、それは会社によりますので確認する事をお勧めします。

 

もしも自社ローンを扱っているという場合は、ローン会社より非常に審査が甘く、大手のローン会社のローンが通らなかった場合でも自社ローンなら通るという事は多くあります。

 

その代わり、デメリットとして、年利等が高めの設定になっておりますので注意が必要となります。