じぶん銀行カードローンの審査について ペットローンでもお金借りれる?

じぶん銀行カードローンの審査について ペットローンでもお金借りれる?

 

じぶん銀行は大手携帯電話会社のKDDI(au)と三菱東京UFJ銀行が共同で出資して設立された銀行です。有人窓口を持たず、利用者はインターネット上で取引を行います。じぶん銀行はスマートフォンから口座開設の申し込みができるほか、定期預金などの預金商品、カードローンの申し込みや借入、利用状況の確認も携帯端末から操作することができるようになっています。

 

 

じぶん銀行カードローンの特徴は、自営業・学生・主婦・年金受給者、パート・アルバイトの人でも申し込みができることです。銀行カードローンなので貸金業法の総量規制適用外で、専業主婦の方でも利用できます。じぶん銀行カードローンの金利は年率2.2%〜17.5%です。地方銀行や信用金庫の一般的な銀行カードローンの最高年率は年率13〜14%であることを考慮すると、最高年率が高めに設定されていることが分かります。

 

 

一般的にカードローンの金利を利用する場合には最高年率が適用される方が多いので、実際に申し込みをして借入をする際は年率17.5%が適用される可能性が高いです。利率が高いと返済する利息が高くなってしまいます。金利が低いローンの方が審査が厳しくなる傾向があるため、年率14%台の一般的な銀行・信用金庫のカードローンよりも年率17%台のじぶん銀行カードローンの方が審査に通過しやすいことがわかります。地方銀行や信用金庫のカードローンは最低限度額が30万円以上と高めに設定されているため、年収額が少ない人は利用することができません。これに対してじぶん銀行のカードローンは最低限度額が10万円と低く設定されているので、年収額が少ない人でも低い限度額でローンが利用できる可能性があります。

 

 

じぶん銀行のカードローンでは消費者金融と同じように最高年率が高く設定されていることに加え、パートやアルバイト、学生でも申し込みが可能で収入制限が設けられていないことを考慮すると、一般的な地方銀行や信用金庫のカードローンよりも審査の基準が緩く、利便性が高いことがわかります。実際に最低借り入れ単位は1,000円と低く設定されていますし、銀行口座を開設している方であれば即日融資のサービスを利用することも可能です。じぶん銀行カードローンはスマートフォンからも申込手続ができるので、一般の銀行窓口の営業時間外である夜間や休日でもローンの申し込みができます。このため、急いでお金を借りたい場合に便利です。

 

 

じぶん銀行カードローンでは借入金の使い道が自由のフリーローンなので、事業性資金以外の目的であれば自由に使うことができます。そのため、ペットを購入するためのペットローンとしても利用することができます。一般的にペットを購入するためのペットローンを組む場合は、目的別ローンなのでカードローンよりも金利が低くなりますが審査に時間がかかり、審査結果が出るまでに1週間かそれ以上の期間を必要とします。ペットショップで子犬や子猫を購入する場合には20〜30万円程度なので、カードローンを利用する方が手軽で便利です。カードローンの方が金利が高めになりますが、30万円前後の借入金を数ヶ月で返済する程度であれば、実際に支払う利息の金額にさほど大きな違いはありません。

 

 

じぶん銀行の目的別ローンにはペットローンがありませんが、資金の使い道自由のカードローンを利用してペットを購入することができます。じぶん銀行カードローンは銀行口座を開設していれば、夜間や休日でもスマートフォンから簡単に申込ができます。一般的な銀行・しんきんカードローンよりも敷居が低く、多くの人が利用することができるというメリットがあります。